香港株(終了):ハンセン指数、3日続落-中国景気を懸念

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が3営業日続落となった。10日発表された6月の中国輸入の伸びが市場 予想を下回ったことで、同国経済が鈍化しつつあるとの懸念が強まっ た。

婦人靴販売で中国最大手の百麗国際(1880 HK)は1.8%安。同国2 位の通信機器メーカー、ZTE(中興通訊、763 HK)は8.8%下げた。 景気減速懸念に加え、欧州連合(EU)当局がZTEに対して政府補助 金に関する調査を行えば同社の輸出が打撃を受けかねないとの見方が広 がった。香港地下鉄(MTR、66 HK)も安い。

中国の質屋チェーンを買収すると発表した金融サービスの天行国際 (993 HK)は15%高。ギリシャで港湾施設を運営する中遠太平洋(コス コ・パシフィック、1199 HK)も上げた。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)傘下のキャリバー・ア セット・マネジメントで投資責任者を務めるノーマン・チャン氏(香港 在勤)は「世界の経済指標があまり良好ではない」とした上で、「セン チメントは依然として弱い。長期的にはバリュエーション(株価評価) に妙味があると考えているが、それほど積極的ではない投資家にとって ボラティリティー(変動性)が若干大きい」と語った。

ハンセン指数は前日比31.73ポイント(0.2%)安の19396.36で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.6%安の9386.66で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Fall for Third Day on China Slowdown Concerns(抜粋)

--取材協力:Susan Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE