中国:6月の輸入の伸び、予想下回る-景気対策要求強まる公算

中国の6月の輸入の伸びは市場予想 を下回り、輸出の伸びは鈍化した。前日発表のインフレ指標も需要の軟 化を示しており、この日の貿易統計で当局に景気下支えを求める圧力が さらに高まることになりそうだ。

税関総署の10日の発表によれば、6月の輸入は前年同月比6.3%増 加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト32人の予想中央 値は11%増だった。輸出は前年同月比11.3%増。貿易黒字は317億ドル (約2兆5200億円)と約3年ぶりの高水準に拡大した。

輸出の伸びは5月の前年同月比15.3%増を下回った。市場予想(中 央値)では10.6%増が見込まれていた。貿易黒字の予想は240億ドルだ った。

中国政府は今年の輸出入の伸び率目標を10%としており、この日の 統計でその達成が一段と危ぶまれることになりそうだ。1-6月(上 期)の輸出は前年同期比9.2%増、輸入は同6.7%増。上期の欧州連合 (EU)向け輸出は0.8%減少した。

バークレイズのエコノミスト、常健氏(香港在勤)は統計発表前、 「主要国の成長の勢いがかなり弱まりつつあることを考えると、中国の 輸出は今後さらなる逆風にさらされるだろう」と述べていた。

原題:China’s Import Growth Misses Estimates for June as Exports Slow(抜粋)

--取材協力:Chua Baizhen、Cynthia Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE