野村、インドの12年成長率見通しを6.1%から5.5%に引き下げ

インドは内需が弱く、インフレ期待 が高いため、スタグフレーションの状態に陥る可能性がある。野村ホー ルディングスのアナリスト、ソナル・バルマ、アマン・モフンタ両氏が 9日のリポートで指摘した。

・2012年の卸売物価指数の上昇率予想を7.1%から7.6%に引き上げ ・本年度(12年4月-13年3月)の財政赤字予想をGDP比5.2%から

5.8%に修正 ・インド準備銀行(中央銀行)が高インフレのため、7-9月期は政策

金利を据え置くと予想 ・12年10-12月期と13年1-3月期にはそれぞれ0.25ポイントの利下げ

余地

原題:Nomura Cuts India’s 2012 Growth Forecast to 5.5% Y/y From

6.1%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE