投機家の商品買い越し、過去2年で最大の増加-穀物など上昇

投機家による商品相場上昇を見込む 買い越しが過去2年間で最大の増加を示した。米国が干ばつに見舞われ 穀物生産に被害が出ているほか、中国と欧州が経済成長てこ入れに向け た動きを示す中、商品は弱気相場から反発している。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、資産運用会 社による米国の商品18品目の先物とオプションの買い越しは3日終了週 に33%増加し96万3447枚となった。商品24品目で構成するS&P・ GSCI指数はこれ以降、0.3%低下した。同指数は弱気相場入りした 6月21日以降、10%上昇している。トウモロコシ相場が33%、小麦 が22%、それぞれ上昇した。

米中西部は1980年代以降で最悪の干ばつに見舞われており、トウモ ロコシ生産が減少する可能性が高まっている。米ゴールドマン・サック ス・グループはイールド(単収)の見通しを引き下げた。

原題:Bulls Lift Wagers by Most in Two Years After Rally: Commodities(抜粋)

--取材協力:Millie Munshi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE