インド企業の海外起債コスト、10カ月ぶり低水準

インド企業の海外での借り入れコス トが10カ月ぶりの低水準となった。ここ1年で21%下げたインド・ルピ ーの下落に歯止めを掛けるため、政府は海外での起債に関する減税拡大 を計画している。

HSBCホールディングスのデータによれば、インド企業のドル建 て債平均利回りは年初来で139ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下し5.44%。アジア企業全体では71bp低下の3.99%。

インド財務省の当局者が最終決定はまだだとして匿名を条件に5日 に述べたところによれば、海外投資家が得た金利収入に対する減税案は 当初のインフラ企業だけを対象にするという計画から全ての借り手へと 拡大される可能性がある。

アダニ・パワーのプラバル・バネルジ最高財務責任者(CFO)は 6日の電話インタビューで、「海外で起債するインド企業が増えるだけ でなく」、減税に引き付けられる投資家も増えるだろうと指摘。「減税 はまた資本流入を促し、ルピー相場の重しとなっている経常赤字の穴埋 めにも寄与する」と語った。

原題:Dollar Yields Hit 10-Month Low as Tax Cut Planned: India Credit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE