プラート理事:ECB利下げ、1%が下限でないこと示す意義

欧州中央銀行(ECB)のプラート 理事は、先週のECB利下げについて、主要政策金利であるリファイナ ンス金利は1%が下限ではないことを市場参加者に示すという意味で重 要だったと述べた。

同理事は9日、リスボンでのイベントで、「1%という下限が存在 するという認識が市場にあったため、それは重要だったと思う」と発言 した。ECBは5日、リファイナンス金利を0.75%に引き下げた。

原題:Praet Says Rate Cut Important to Show Market 1 Percent No Floor(抜粋)