イングランド銀行(英中央銀行)の タッカー副総裁は、金融危機時にバークレイズなど英国の商業銀行に対 しロンドン銀行間取引金利(LIBOR)を故意に低めに報告すること を指導するよう、どの閣僚や政府当局者からも圧力を受けていないと述 べた。

同副総裁は9日、英議会の公聴会で、バークレイズなど銀行に LIBORの低めの報告を要請するよう行政や当時の労働党政権の関係 者から圧力をかけられたかと聞かれ、「断じてない」と否定した。ま た、2008年10月にバークレイズのロバート・ダイアモンド前最高経営責 任者(CEO)と電話で会話を交わした後にダイアモンド氏が書き記し たメモの一部が、「誤った印象を与えた」と語った。

その上で、ダイアモンド氏との当時の電話のやり取りが英中銀の記 録に残されていないことを明らかにした。

タッカー副総裁は「会話については記録しなかった」とし、「この 場に立った今、メモを取っていればどれほど良かったと思う」と続け た。

原題:Tucker Says No Public Official Told Him to Lean on Barclays (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE