「ブラックベリー」法人顧客、万一のサービス停止に備え対策

加リサーチ・イン・モーション (RIM)が製造する携帯情報端末「ブラックベリー」の顧客企業のう ち、サービス停止という最悪のシナリオに備える動きが始まっている。 インターネットのドメイン・ホスティング会社、米ゴーダディ・グルー プや英資産運用会社テムズ・リバー・キャピタルなど、従業員の通信手 段としてブラックベリーに依存している企業が準備を固めた。

RIMの株価は過去1年間で70%以上値下がりした。四半期決算で 赤字を計上したほか、新型「ブラックベリー10」の基本ソフト(OS) 遅延が嫌気され、6月29日には19%急落した。RIMには身売りや資産 売却の圧力が強まっている。RIMは継続してサービスを提供できるよ うにインフラを構築したが、一部の顧客企業は代替策を考えている。 RIMは10日に年次株主総会を開く。

ワイヤレス業界コンサルタント、ロペス・リサーチの創業者マリベ ル・ロペス氏は「この3カ月間、ブラックベリーというプラットフォー ムが将来的に無くなるのではないかという心配が強まっている」と述 べ、「大手通信端末メーカーが破綻するといったケースが過去にないわ けではない」と続けた。

カレント・アナリシスのテクノロジー・リサーチ・ディレクター、 アビ・グリーンガート氏は、携帯端末を利用して会社にアクセスする法 人利用者は数百万人おり、企業は万一の事態のために緊急策や代替策の 確立に力を入れていると指摘する。

iPhoneやアンドロイドに乗り換えも

テムズ・リバーのインフラ部門責任者ロバート・コッカリル氏によ ると、同社は170人いる従業員のうち約140人にスマートフォン(多機能 携帯端末)を支給している。そのうちの大半はブラックベリーだとい う。ブラックベリー10の延期やRIMとの法人サービス契約が今年で期 限を迎えることから、コッカリル氏は利用者の大半がアップルの「iP hone(アイフォーン)」やグーグルのOS「アンドロイド」を搭載 した端末に乗り換えると予想している。

またゴーダディの最高インフラ部門責任者オーガスト・ゴールドマ ン氏は「数時間内に」アイフォーンやアンドロイド搭載端末に切り替え ることも可能だと話す。同氏はブラックベリー端末に「重大な機能停 止」が生じた際には、他のプラットフォームに移行する対策を打ってあ ると述べた。

原題:RIM Customers Working on Contingency Plans: Corporate Canada(抜粋)

--取材協力:Hugo Miller.