ECB総裁:経済統計は成長鈍化を示唆、インフレ圧力を抑制

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は、ユーロ圏の成長見通しが悪化し、インフレ圧力が抑えられている と述べた。

ドラギ総裁は9日、欧州議会がブリュッセルで開催した委員会で 「2012年第2四半期の統計は成長鈍化と不透明感の高まりを示唆してい る」と証言し、「緩やかな成長とインフレ期待がしっかり抑制された環 境においては、根底にある物価上昇圧力は緩やかなままとなるはずだ」 と続けた。

さらに「今後のユーロ圏経済については引き続き、勢いは抑えられ るものの段階的に回復するとみている」と述べた。

原題:Draghi Says Indicators for Second Quarter Point to Weaker Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE