グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数がこの1カ月余りで最大の値下 がりとなった。中国の温家宝首相が不動産市場の抑制策を続ける方針を 表明したことが響いた。米雇用統計が予想を下回ったことも、世界の成 長をめぐる懸念に拍車を掛けた。

碧桂園(カントリー・ガーデン・ホールディングス、2007 HK) が3.9%安と、中国本土の不動産株の下げを主導。この4カ月で2度目 の最高経営責任者(CEO)交代を発表した食肉製造・販売の中国雨潤 食品集団(1068 HK)は9.8%下落した。北米を最大の市場とする電動工 具メーカーのテクトロニック・インダストリーズ(創科実業、669 HK) は4.5%下げた。

米ウォルマート・ストアーズなどの小売企業に玩具や衣料品を納入 するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)や、米ナイキの靴を受託生 産する裕元工業(集団、551 HK)も売られた。

ハンセン指数は前週末比372.55ポイント(1.9%)安の19428.09で 終了。指数を構成する49銘柄のうち45銘柄が下げた。ハンセン中国企業 株(H株)指数は2.4%安の9447.24で引けた。

マニュライフ・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、テ ラス・チャム氏(香港在勤)は「中国では不動産セクター以外で一段と 的を絞った緩和策が幾つか実施される可能性がある」と予想。「投資家 はより長期の構造的問題の方をもっと懸念している」とも語った。

【中国株式市況】

中国株式相場はこの1カ月余りで最大の値下がりとなった。中国の 生産者物価指数(PPI)の低下に伴い、デフレが国内の他の分野に波 及する恐れがあるとの懸念が強まった。温家宝首相は、国内経済に対す る下押し圧力は「比較的大きい」との認識を示している。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH) は2.7%下げて上場来安値を更新。今週発表される同国の4-6月(第 2四半期)国内総生産(GDP)は前年同期比7.7%増への鈍化が予想 されている。鞍鋼(アンガン・スチール、000898 CH)を中心に鉄鋼株 も値下がり。同社は1-6月(上期)決算が赤字に転じるとの見通しを 示した。

アルミニウム生産のチャルコ(中国アルミ、601600 CH)や電気メ ーカーの広東美的電気(000527 CH)、中国南方航空(600029 CH)も安 い。

9日発表された中国の6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月 比2.2%上昇。ブルームバーグ調査の予想中央値は2.3%上昇だった。6 月のPPIは前年同月比2.1%低下した。

華西証券のアナリスト、ツァオ・シュエフォン氏は「インフレ率の 低下は、中国経済が想定以上に減速しつつあることを実際に示唆してい る」と述べた上で、「月内に発表される他の指標が予想を下回るだろう と投資家は相当心配している」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前週末比52.77ポイント(2.4%)安の2170.81で終了。 先月4日以来の大きな下げとなった。上海、深圳両証取のA株に連動す るCSI300指数は2.3%安の2416.04で引けた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のセンセックス30種指数は3週間ぶり 大幅安となった。企業利益が予想に届かないとの見方に加え、平年を下 回る雨量によってインフレ抑制と景気刺激の取り組みが脅かされるとの 懸念も響いた。

インド最大の民間電力会社、タタ・パワーは2.2%下げた。同社の 格付け見通しをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が「安定 的」から「ネガティブ」に引き下げたことが手掛かり。二輪メーカーの ヒーロー・モトコープは2.6%安。チャンバル・ファーティライザー ズ・アンド・ケミカルズが5%下落するなど、化学銘柄も安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比129.14ポイント (0.7%)安の17391.98で終了。先月18日以降で最大の値下がりとなっ た。

気象当局のこの日の発表によると、年間の70%余りに相当するモン スーンの雨量は過去50年平均を25%下回っている。6日公表の米雇用統 計で6月の非農業部門雇用者数が予想を下回る伸びとなり、雇用拡大策 が遅々としている兆候が示されたことも相場下落の要因だった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比39.54ポイント(1%)安の4118.27。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比22.07ポイント(1.2%)安 の1836.13。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比58.63ポイント(0.8%)安の7309.96。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比49.47ポイント(1.7%)安の2929.08。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比0.24ポイント 安の1620.31。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比13.13ポイント(1.1%)安の1186.95。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比70.15ポイント(1.7%)安 の3985.04。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比98.94ポイント(1.8%)安 の5263.74。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE