中国人民元、一時2週ぶり安値-温首相の景気めぐる発言響く

中国人民元は9日、ドルに対して一 時2週間ぶりの安値に下落した。中国の温家宝首相が国内経済に対する 下押し圧力は依然として「比較的大きい」と発言したことや、6月の中 国インフレ率が2年5カ月ぶりの低水準となったことを織り込んだ。

グローリー・スカイ・グローバル・マーケッツのダニエル・チャン 執行副社長(香港在勤)は「輸出を促進するために中国当局が元相場の 安定を維持すると投資家が予想しているため、元は対ドルで上昇しない だろう」との見方を示した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で0.11%安の1ドル=6.3714元で終了。一時は0.16%安の6.3744元 と、先月25日以来の安値を付けた。香港のオフショア市場では、元 は0.08%安の6.3708元。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元の1年物ノンデ リバラブル・フォワード(NDF)は0.19%安の1ドル=6.4255元と、 1営業日の下落率としては5月30日以来の大きさとなった。

原題:Yuan Drops to Two-Week Low on Wen’s ‘Downward Pressure’ Remark(抜粋)