中国政府は信頼感の面で危機に直面-グローバル・タイムズ紙

中国政府は最近の街頭デモやショッ ピングセンター火災への対応から信頼感の面で危機に陥っており、国民 からの信頼回復を最優先課題とする必要があると、中国国営英字紙グロ ーバル・タイムズ(オンライン版)が9日報じた。

同紙は論説で、国民に情報を制限する政府の傾向が「政府当局者全 体の信頼感にとって打撃となっている」とし、「政府への信頼感の欠如 から、反政府の声が次第に広がりつつある」と指摘した。記者名は明記 していない。

10人が死亡した天津でのショッピングセンターの火災と什邡市のデ モに言及し、こうした事件に関する政府当局者の説明は「説得力がなさ 過ぎる」とした上で「一部政府部門の利益実現のために、組織全体への 信頼を犠牲にすべきではない」と述べた。

原題:China Government Faces Credibility Crisis, State-Run Paper Says(抜粋)