NY原油先物時間外:反発-ノルウェーのスト交渉が失敗

ニューヨーク原油先物相場は9日の 時間外取引で反発。ノルウェーのスト拡大を止めるための労使交渉が失 敗したことから、過去2週間で最大の下落は行き過ぎだったとの見方が 出た。

原油先物は一時、0.7%上昇。前週末の通常取引は3.2%下落。ノル ウェーのストは8日に15日目に突入したが、政府仲介による労使交渉は 失敗した。ノルウェー石油協会の広報担当者、クリスティン・ブレマ ー・ネッベン氏によると、新たな交渉の予定はない。先週の原油相場は 6月の米非農業就業者数の増加が予想を下回ったことから下落した。

ナショナル・コマーシャル銀行のチーフエコノミスト、ジャルモ・ コティレイン氏は「力強い上昇は持続しないだろう。ノルウェーが問題 になっている」と述べた。

原油先物8月限は一時、58セント高の1バレル当たり85.03ドルを 付けた。シドニー時間午後0時57分(日本時間午前11時57分)現 在、84.98ドルで推移している。前週末6日の通常取引は2.77ドル安 の84.45ドルで引けた。終値としては2日以来の安値。年初来では14% 下落。

原題:Oil Gains After Biggest Drop in Two Weeks as Norway Talks Fail(抜粋)

--取材協力:Yee Kai Pin.

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net