バルニエ欧州委員:EUの規制を拡大へ-LIBORも対象に

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のバルニエ委員(域内市場・金融サービス担当)は、EUの 市場の不正利用をめぐる規制の対象を拡大し、ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)の操作も禁止する方針を示した。

バルニエ委員は8日にフランスのエクス・アン・プロバンスで行わ れたインタビューで、「事実上、LIBORを含む指標の操作も対象と するように、適用拡大を提言する」と語った。

資産規模で英銀2位のバークレイズは先月27日、LIBORを操作 しようとしたとして、2億9000万ポンド(約360億円)の制裁金を当局 から科された。バルニエ氏は、「市場を操作しようと考える人は、刑事 罰も含む制裁に直面する可能性があることを知る必要がある」と述べ た。

欧州議会で市場の不正利用をめぐる法案の取り組みを主導するアー リーン・マッカーシー議員は先週、銀行間取引金利の操作も刑事犯罪と して扱われるようにEUの規制を拡大することについて、バルニエ委員 と議論したと述べていた。

原題:Barnier to Widen EU Market-Abuse Rules to Include Libor (1)(抜粋)