UBSとクレディSに当局が接触、LIBORで-ゾンターク

スイスの金融市場監督当局、 FINMAは、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の設定方法の調 査に関して同国の銀行UBSとクレディ・スイス・グループに接触し た。同国紙ゾンタークが報じた。

同紙が事情に詳しい複数の関係者の話を引用して伝えたところによ れば、FINMAはLIBORに関する細かな質問を両行に送付した。

UBS広報のタティアナ・トグニ氏はブルームバーグ・ニュースの 電話取材に対し、「当行は調査を深刻に受け止めており、当局に全面的 に協力している」と述べた。

クレディ・スイス広報のマーク・ドッシュ氏はコメントを控えた。 FINMAのトビアス・ラックス報道官は、FINMAが「LIBOR 問題の調査を綿密に進めており、関係銀行と緊密に接触している」と説 明した。

原題:UBS, Credit Suisse Questioned by Finma Over Libor, Sonntag Says(抜粋)