今週の米指標:5月の貿易赤字、縮小見通し-原油安と需要減

米国の貿易赤字は5月に縮小した と予想されている。原油相場下落と需要の落ち込みが輸入減少につなが ったと、エコノミストはみている。

米商務省が11日発表する5月の貿易収支は、ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト61人の予想中央値で485億ドルの赤字と、 4月の501億ドルの赤字から縮小した見込み。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・ スウィート氏は「米国の需要は弱い。米連邦準備制度理事会(FRB) 当局者は神経質な状態にある」と述べた。

7月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速 報値)はブルームバーグがまとめた予想中央値で73.5と、今年の最低水 準となった6月の73.2とほぼ同水準。同指数は13日に発表される。

エネルギー価格下落で、12日に米労働省が発表する6月の輸入物価 指数は前月比1.8%低下の見込み。5月は1%低下だった。また13日に 同省が発表する6月の生産者物価指数(PPI)は前月比0.4%低下 と、3カ月連続の低下が予想されている。5月は1%低下だった。

(米経済指標に関する最新情報は、こちらをご覧ください)

原題:Trade Gap Probably Shrank on Cheaper Oil: U.S. Economy Preview(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE