伊首相:国債スプレッドは懸念、ユーログループの行動必要

イタリアのモンティ首相は欧州の国 債利回り格差(スプレッド)について、現行の水準は依然として懸念さ れると述べ、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)がそれに対処する ため行動すべきだとの見解を示した。

モンティ首相はフランスのエクサンプロバンスで記者団に対し、 「幾つかのユーロ圏諸国の国債のスプレッドが拡大している状況は、域 内の金融安定の懸念要因だ」と指摘。「金融政策を効率的に運用する上 でも心配だ。これは欧州理事会がブリュッセルでの会合で、対処すべき 問題として強調したことであり、ユーログループがこれについて取り組 むべきだと判断した」と続けた。

同首相はさらに、成長見通しの改善がスプレッド縮小につながると 語った。

原題:Monti Says Spreads Remain a Concern, Euro Group to Take Action(抜粋)