サムスン電子、ウィンドウズRT搭載機を10月発売か-関係者

韓国のサムスン電子は、米マイクロ ソフトのタブレット型端末向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズ RT」のデビューに合わせて、同OSを搭載した携帯情報端末を発表 する見通しだと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

計画は未公表だとして同関係者が匿名を条件に語ったところによ ると、サムスンは既にウィンドウズRTを搭載した端末を製作。同O Sはウィンドウズとしては初めて英ARMホールディングスの技術に 基づくプロセッサーで動作する。関係者の1人は、同OS搭載端末は 10月に発売されるだろうと語った。

同関係者らによると、サムスンのウィンドウズRT搭載端末に は、ARM技術に基づく米クアルコム製の半導体「スナップドラゴン」 が採用される見通し。

マイクロソフトの広報担当マーク・マーティン氏とARMのアン ディ・フィリップス氏はいずれもコメントを控えた。サムスンの広報 担当ナム・キユン氏やクアルコムの広報担当エミリー・キルパトリッ ク氏もコメントしなかった。

原題:Samsung Said to Plan Windows RT Tablet for October Introduction(抜粋)

--取材協力:Dina Bass.