NY銅:2週間ぶりの大幅安、雇用統計受けて需要減少

6日のニューヨーク銅先物相場は2 週間ぶりの大幅安。6月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加幅が 市場予想を下回ったため、景気腰折れ懸念が強まり、原材料需要が弱ま った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 9月限は2.4%安の1ポンド=3.4095ドルと、6月21日以来の大幅下落 となった。週間では2.5%安。

原題:Copper Slumps Most in Two Weeks on U.S. Economic Growth Concern(抜粋)

--取材協力:Agnieszka Troszkiewicz.