欧州株:3日続落、米雇用統計に失望-プジョーが安い

6日の欧州株式相場は3日続落。こ の日発表された6月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を 下回る伸びとなったことが売り材料となった。

フランスの自動車メーカー、プジョーシトロエングループ (PSA)は7.7%安。1-6月(上期)販売台数の落ち込みが嫌気さ れた。スペインの銀行、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行( BBVA)は5.1%下げた。HSBCホールディングスによる投資判断 引き下げが売りを誘った。一方、仏蘭系航空会社、エールフランス・ KLMグループは4.4%上昇。乗客数が増加したのに加え、人員削減で 労働組合と合意したことが手掛かりとなった。

ストックス欧州600指数は前日比1%安の254.40で終了。週間で は1.3%上昇し、5週連続高。1月以降で最長の上昇局面となった。6 月4日に付けた年初来安値から8.8%戻している。

アッティカ・ウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、 セオドア・クリンタス氏は「上向きの勢いを維持するために、量的緩和 拡大への期待が高まっているようだ」とし、「雇用統計を受けて来週は 不透明感が増すだろう」と語った。

米労働省が発表した6月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 は前月比8万人増。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト の予想中央値は10万人増だった。家計調査に基づく失業率は8.2%で前 月から変わらず。

6日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Decline as U.S. Payrolls Rise Less Than Forecast (抜粋)

--取材協力:Adria Cimino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE