アスムセンECB理事:金融政策にできることには限りがある

欧州中央銀行(ECB)のアスムセ ン理事は6日、金融政策でできることには限りがあるとの認識を示し た。

アスムセン理事はブリュッセルで講演し、「ECBに与えられた権 限と責務の限界を説明する必要がある」とし、「政府などの行動欠如を ECBが穴埋めすることはできない。良い政策に代わるものはない」と 言明した。

理事はその上で、早急に取り組むべき問題に「中央銀行は極めて効 果的に対応し得る」とも述べ、「政策金利の変更や、必要に応じた市場 介入、担保ルールの変更、または分析した内容を伝えることによって市 場の状況を数分で変えることができる」と説明した。ただ、「一時的な 調整で欧州経済と市場に関する構造問題を是正することはできない。こ れは各国の経済政策にかかっており、その策定と実施には時間がかか る」と付け加えた。

アスムセン理事はさらに、「ECBだけで欧州経済と市場を順調に 進ませることが確実にできるという幻想を持ってはならない」と論じ た。

原題:Asmussen Says There Are Limits to What ECB Policy Can Achieve(抜粋)