アジア株:続落、欧州や中国の利下げに失望感-BHP安い

6日のアジア株式相場は続落。韓国 サムスン電子の4-6月(第2四半期)売上高がアナリスト予想を下回 ったほか、欧州や中国の利下げが世界経済への信頼感を高めることがで きなかった。

欧州が売り上げの31%を占めるキヤノンが安い。中国を最大市場と する鉱山会社のBHPビリトンが1%下落するなど、景気敏感株も売ら れた。また、中国農業銀行が2.8%下げるなど、中国の銀行株も値下が り。一方、パルコは高い。Jフロントリテイリングが同社に対し株式公 開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時49分現在、前日 比0.5%安の118.46。日経平均株価の終値は同59円5銭(0.7%)安 の9020円75銭。

豪ヘッジファンドのパーカー・アセット・マネジメントで資産運用 に携わるティム・リョーダン氏は、「われわれは依然としてかなり慎重 だ」と語り、「今回の中銀の動きはすべて予想通りで、株価に織り込み 済みだ」と述べた。

原題:Asian Stocks Drop for Second Day on Central Bank Disappointment(抜粋)