中東を脅かす「中西」、エネルギーの自立進む-米加など増産

世界経済に占める中東の地位が低下 する可能性がある。西側の産油国である「中西」の存在感が高まってい るためだ。

UBSの為替戦略責任者、マンスール・モヒウディン氏(シンガポ ール在勤)の見方だ。同氏の2日付リポートによると、米国、カナダ、 メキシコ、ブラジルといった西側の産油国は伝統的な主要産油国からエ ネルギーの自立を進める動きを強めている。

モヒウディン氏は、中東が1973年と80年の石油ショック、90-91年 の湾岸戦争、2003年のイラク戦争で存在感を示していたと指摘。

しかし、米国はシェール(頁岩層)革命のおかげで今後20年間は持 続的に原油生産を増やすと予想。この期間の終わりまでに日量300万バ レル増産する見通しだ。

カナダはオイルサンド、ブラジルは深海域油田開発を進めてい る。20年後には西半球諸国の産油が増産する中東に並ぶとモヒウディン 氏はみている。

米ドルは恩恵を受け、ブラジル、カナダなどは資源からの増収分を 運用するために政府系ファンド(SWF)を設立する可能性があるとい う。

原題:Middle West Oil Menaces Middle East Dominance: Cutting Research(抜粋)

--取材協力:Nerys Avery、John Glover.

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE