米市場の中国株:上昇、利下げを好感-バイドゥやシナが高い

5日の米株式市場で、中国企業株は 上昇。中国の検索サイト最大手、百度(バイドゥ)は約2週間ぶり高値 を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が景気を支援するためここ1カ月 で2回目の利下げを実施したことが手掛かり。

取引が最も活発な米国上場の中国株から成るブルームバーグ・チャ イナUS55指数は前営業日(3日)比0.8%高の92.49と、6月20日以来 の高値で終了。バイドゥは2.2%高。ミニブログ「新浪微博」を運営す るシナ・コープ(新浪)も上昇した。中国2位の携帯電話サービス会 社、チャイナ・ユニコム (中国聯通)は約2年ぶり大幅高。HSBC ホールディングスが同社の株式に対する投資判断を引き上げたことが好 感された。

フェデレーテッド・グローバル・インベストメント・マネジメント の国際株式責任者、オードリー・カプラン氏(ニューヨーク在勤)は 「中国当局は世界の成長鈍化に歯止めをかけようとしており、それは良 いことだ」と指摘。「これは中国株投資を始める素晴らしい入口だとみ ている。インフレ率が低水準で、企業は成長を続け、政府は景気刺激に 動いている」と説明した。

原題:Baidu Hits 2-Week High as Rate Cut Spurs Rally: China Overnight(抜粋)

--取材協力:Michael Patterson、Ye Xie.