中国の金融政策、もはや穏健ではない-みずほ証券の沈氏

みずほ証券アジアのアジア担当チー フエコノミスト、沈建光氏は中国がこの1カ月で2回目の利下げを決め たことについて、以下の通りコメントした。

「中国当局は、成長を安定化させるのが現在の手腕を試される困難 な仕事だと理解しているようだ。政策を緩和しない場合はハードランデ ィングもあり得る」

「これは積極的な緩和だ。融資金利の基準金利に対する割引率を先 月20%としたが、今後30%になる。金利自由化を迅速に進めることも示 唆している。同国の金融政策はもはや穏健(慎重)ではない」

「6月の経済指標が良くないようだ。消費者物価指数(CPI)は 予想以上に低下した可能性がある」

原題:Mizuho’s Shen Says China’s Monetary Policy ‘No Longer Prudent’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE