7月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが対ドルで1カ月ぶり安値-景気下振れ懸念で

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し約1カ月ぶり の安値に下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、記者会見でユ ーロ圏の景気下振れリスクを指摘したことを受けた。ECBはこの日、 政策金利を過去最低に引き下げた。

ユーロは主要16通貨中、スイス・フランとデンマーク・クローネを 除く全てに対して値下がり。オーストラリア・ドルに対しては1999年以 来の安値を付けた。ECBは主要政策金利を0.75%に引き下げるととも に、下限金利である中銀預金金利をゼロに下げた。ドル指数は約8カ月 で最大の上げ。この日の経済指標で、米労働市場の改善が示されたこと に反応した。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「ユーロ 下落の要因はドラギ総裁の発言にあるとも考えられる」と分析。「新し い政策提案という意味では、あまり多くは示されなかった」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時2分現在、ユーロは対ドルで前日 比1.1%安の1ユーロ=1.2389ドル。一時1.2364ドルと、6月1日以来 の安値を付けた。対円では1.1%下げて1ユーロ=98円96銭。ドルは対 円でほぼ変わらずの1ドル=79円88銭。

ドラギ総裁の発言後、ユーロは豪ドルに対して、1ユーロ=1.2022 豪ドルと、1999年1月のユーロ導入以来の安値を付けた。一時は1.2229 豪ドルに上昇する場面もあった。豪ドルは米ドルに対しては0.1%上昇 の1豪ドル=1.0289米ドル。一時は0.5%上昇し、5月3日以来の高値 となる1.0329米ドルを付けた。

ニュージーランド(NZ)ドルは対米ドルで一時0.5%高の1NZ ドル=0.8076米ドルを付けた。その後はほぼ変わらずの0.8038米ドル。

中国利下げ

中国は、ここ1カ月で2回目の利下げを実施。またイングランド銀 行(英中央銀行)は、資産買い取りプログラムの規模を500億ポンド拡 大し、3750億ポンドとすることを決めた。

米国で雇用関連の指標が発表された後、主要6通貨に対するインタ ーコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は、一時1.4%高 の82.950と、昨年11月9日以降で最大の上げとなった。

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッシ ング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に基づ く集計調査によると、6月の米民間部門の雇用者数は前月比で17万6000 人増加した。増加幅は、ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想 中央値(10万人増)を上回った。また労働省が発表した先週の新規失業 保険申請件数(季節調整済み)は、前週から1万4000件減少して37 万4000件。5月半ば以降では最少となった。ブルームバーグが実施した 調査では、同省が6日発表する6月の雇用統計では非農業部門雇用者数 は9万5000人増と、増加幅は3カ月連続で10万人を下回ると予想されて いる。

「下振れリスク」

ECBのドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、「ユーロ圏経済の 見通しに対する下振れリスクが一部顕在化した」と述べた。また、ユー ロ圏の経済成長は引き続き脆弱(ぜいじゃく)であり、不確実性も高い と指摘した。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ラビ・バラドワジ氏は「きょうの利下げは、ユーロ圏の主要な問 題を解決できる類いの動きではないかもしれない」と分析。「市場はそ れを十分認識しており、ユーロ売りは理にかなった動きといえそうだ」 と説明した。

原題:Euro Drops to 1-Month Low on Outlook for Risks; Dollar Gains(抜粋)

◎米国株:S&P500が反落、ECBに失望-雇用統計控え様子見

5日の米国株は反落。S&P500種株価指数は4営業日ぶりに下落 した。欧州による債務危機への取り組みが不十分との見方が広がったほ か、6日発表の米雇用統計を控えて投資家が様子見していることも影響 した。

S&P500種グループ別10指数のうち金融株が最も下げた。スペイ ン債とイタリア債の大幅安が材料となった。JPモルガン・チェースと バンク・オブ・アメリカ(BOA)はいずれも下げた。S&P500種の 小売株指数は上昇。6月の既存店売上高が買い材料となった。アップル を中心にテクノロジー株も上げた。

S&P500種株価指数は0.5%下げて1367.58。ダウ工業株30種平均 は47.15ドル(0.4%)下げて12896.67ドルだった。前日は米独立記念日 の祝日で休場だった。

UBSウェルス・マネジメント・アメリカスのチーフ投資ストラテ ジスト、マイク・ライアン氏は「欧州中央銀行(ECB)の対応には若 干失望した」と述べ、「また6日の雇用統計の発表を控えて、投資家は 大きく賭けに出る気にならない」と続けた。

ECBは5日に政策金利を過去最低に引き下げた。ドラギ総裁は政 策決定後の記者会見で、「需要が弱い時」には金融政策からの経済への 効果伝達が限定的となることは明白だと述べた。この日は中国も利下げ を発表した。

6月の雇用統計

エコノミストの間では6日発表の6月の米雇用統計では雇用の伸び が前月から加速したものの、そのペースは依然として今年第1四半期の 平均水準の半分以下にとどまると予想されている。

朝方発表された週間新規失業保険申請件数が減少したほか、民間部 門の雇用増加ペースは予想を上回った。一方、6月の米非製造業景況指 数は拡大ペースが減速した。

S&P500種のグループ別10指数のうち8指数が下落した。景気敏 感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数はほぼ変わら ずで終了した。同指数は一時0.9%下げた一方、0.5%高となる場面もあ った。

KBW銀行指数を構成する24銘柄のうち23銘柄が下落した。JPモ ルガン・チェースは4.2%安。BOAは3%安。

小売株

S&P500種の消費関連株は上昇した。米小売り各社が発表した6 月の既存店売上高が好感された。リテール・メトリクスのケン・パーキ ンス社長は、「特に高級店で良好な回復となった」と述べた。

ディスカウントチェーン「TJマックス」を展開するTJX は3.7%高。ランジェリー店チェーン「ビクトリアズ・シークレット」 を展開するリミテッド・ブランズは4.5%上昇した。

一方、ディスカウント店のターゲットは1.1%安。同社の6月の既 存店売上高は前年同月比2.1%増加したが、アナリストの予想平均に及 ばなかった。

原題:S&P 500 Halts 3-Day Rally on ECB Ahead of Tomorrow’s Jobs Data(抜粋)

◎米国債:反発、逃避需要で-ECB総裁が景気下振れリスクを指摘

米国債相場は反発。欧州中央銀行(ECB)が政策金利を過去最低 に引き下げた後、ドラギ総裁は経済には依然としてリスクが残ると指摘 した。これを受けて資金の逃避先としての米国債の投資妙味が強まっ た。

相場は長期債を中心に上昇した。中国人民銀行とイングランド銀行 (英中央銀行)はECBに先立ち、景気への刺激策を打ち出し、全ての 発表が45分間に集中した。6日発表予定の米雇用統計では、非農業部門 雇用者数の増加幅が3カ月連続で10万人を割り込むと予想されている。

シティグループの先物グループの金利ストラテジスト、ジェーム ズ・コリンズ氏(シカゴ在勤)は、「中銀の動きは確かに、相場が上昇 する理由としては十分なものだった」とし、「景気をめぐってはやや小 粒な材料が続く」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の1.60%。先月1日には過去最低の1.44%まで下 げた。

30年債利回りは2bp低下の2.72%。前日は米独立記念日の祝日で 休場となり、5日に取引が再開された。

ニューヨーク連銀はこの日、長期金利の抑制へ向けた取り組みの一 環として47億1400万ドル相当の米国債を購入。一方で米財務省は、総 額660億ドル規模の中長期債を来週入札すると発表した。10日の3年債 入札(発行額320億ドル)を皮切りに、11日に10年債(同210億ド ル)、12日に30年債(同130億ドル)の入札が予定されている。

市場は悲観的

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「景気回復の力強さについては悲観的な見方が大勢だ」 と指摘。「世界経済の停滞は大半の政策当局者が認識している以上に深 刻だとの考えが依然として根強い」と述べた。

米労働省が5日発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は、前週から1万4000件減少して37万4000件。5月半ば以降では最 少となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 は38万5000件だった。

6月の米民間部門の雇用者数は市場予想を上回る伸びを示した。 ADPによると、前月比で17万6000人増加した。ブルームバーグがまと めたエコノミストの予想中央値は10万人の増加だった。

中銀の発表相次ぐ

米供給管理協会(ISM)が発表した6月の非製造業総合景況指数 は52.1と、前月の53.7から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は53.0だった。同指数で50はサービス業活動の拡大 と縮小の境目を示す。

この日、ECBと中国人民銀行は利下げ、イングランド銀行は資産 購入プログラムの買い取り枠拡大に動いた。2週間前には米連邦準備制 度理事会(FRB)が保有証券の残存期間を延ばすプログラムの延長を 決めたほか、バーナンキ議長は必要ならば追加措置を取る可能性を示唆 した。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「ドラギ総裁の 発言で相場が反発した。誰もが認識していることを強調したにすぎない が、非常に弱気な内容だった」と指摘。「域内経済の見通しに対して依 然として下振れリスクがあるとの発言だ。新しい情報ではなかったが、 相場が反発するきっかけとなった」と述べた。

FRBのエコノミストが開発した金融モデルに基づくタームプレミ アム(期間に伴う上乗せ利回り)によると、米国債はこれまでで最も割 高な水準に近づいている。この日のタームプレミアムはマイナス0.91。 6月1日にはマイナス0.94と最も割高な水準を付けた。マイナスのター ムプレミアムは適正水準を下回る利回りでも投資家が積極的に受け入れ ていることを意味する。

原題:Treasuries Advance as Central Banks Take Action to Spur Growth(抜粋)

◎NY金:下落、1週間ぶり大幅安-米追加緩和見通し後退などで

ニューヨーク金先物相場は下落。1週間ぶりの大幅安となった。米 金融当局が追加刺激措置の実施を見送るとの見方が広がったほか、ドル の持ち直しで代替投資先としての金の需要が減退した。

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッシ ング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に基づ く集計調査によると、6月の米民間部門の雇用者数は市場予想を上回る 伸びを示した。欧州中央銀行(ECB)が政策金利を過去最低に引き下 げる決定をした後、ユーロは対ドルで4週間ぶりの安値に下げた。

TDセキュリティーズの商品戦略責任者バート・メレク氏(トロン ト在勤)は電話インタビューで、「米政策当局にとって、バランスシー トを拡大する動機は今のところ後退した」と指摘。「ドルの上昇も金相 場の下げにつながっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前営業日比0.8%安の1オンス=1609.40ドルで終了。中心限月と しては6月28日以来の大幅下落となった。

原題:Gold Falls Most in a Week on U.S. Stimulus Outlook, Dollar Rally(抜粋)

◎NY原油:下落、ドル上昇を嫌気-ECB総裁がリスクを警告

ニューヨーク原油先物相場は下落。欧州中央銀行(ECB)が政策 金利を過去最低に引き下げた後、ドラギECB総裁が経済に対するリス クが残っているとの認識を示した。これを受けてドルが対ユーロで上昇 したため、売りが出た。

ドルは対ユーロで1カ月ぶりの高値をつけた。ドラギ総裁は「ユー ロ圏経済の見通しに対する下振れリスクが一部顕在化した」と述べた。 米エネルギー省の統計で原油在庫が先週は427万バレル減少の3億8290 万バレルと、昨年12月以来の大幅なマイナスとなったことが示される と、原油は上昇する場面もあった。

エンコンパス・ファンドの共同ポートフォリオマネジャー、マーシ ャル・ベロル氏(サンフランシスコ在勤)は「ドルが唯一の資金投資先 となっているかのようだ」と指摘。「ECBは景気てこ入れを試みてい るが、状況を好転させられるかどうかについて疑念は強い。ドルは堅調 で、その他の相場はほぼすべて軟調だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前営業 日比44セント(0.50%)安の1バレル=87.22ドルで終了。年初から は12%値下がりしている。

原題:Oil Declines as ECB’s Draghi Says Risks Remain After Rate Cut(抜粋)

◎欧州株:下落、ECB総裁下振れリスク言及-伊・スペイン銀安い

5日の欧州株式相場は下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁 が景気の下振れリスクは残っていると発言し、利下げ効果を打ち消し た。この日は中国人民銀行(中銀)も利下げを発表。イングランド銀行 (英中銀)は量的緩和の再開に踏み切った。

スペインとイタリアの銀行株が安い。ECBからは景気を支えるた めの新たな非伝統的措置の発表がなく、両国の国債利回りが上昇したた めだ。一方でドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は 高い。同社はポルシェの自動車部門の未保有株50.1%を取得することで 独税務当局と合意した。エアバスの航空機向け部品生産を手掛ける英 GKNは13%の値上がり。スウェーデンのボルボの航空エンジン部門を 買収することで合意した。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の256.93で終了。この日は 上下それぞれ、前日比で一時0.8%振れた。このままなら週間ベースで 5週連続高となり、1月以来最長の上げとなる。各国・地域の中銀が金 融政策を緩和するとの観測で、6月4日に付けた年初来安値から は9.9%戻している。

バークレイズ・キャピタルの株式ストラテジスト、エドムンド・シ ング氏(ロンドン在勤)は「この日の発表は広く期待されていた」と述 べ、「中銀行動への高まる期待を市場は過去数日間に織り込んでいたと 言えるだろう」と語った。

ECBはフランクフルトでこの日開いた政策委員会で、主要政策金 利を1%から0.75%に引き下げるとともに、下限金利である中銀預金金 利を0.25%からゼロに下げた。決定後の記者会見で、ドラギ総裁は「ユ ーロ圏経済の見通しに対する下振れリスクが一部顕在化した」と述べ た。中国は1カ月で2回目の利下げを発表。英中銀は資産買い取り枠 を500億ポンド拡大した。

この日の西欧市場では、18カ国中14カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Fall as Draghi Sees Economic Risks; Banks Slide(抜粋)

◎欧州債:スペインとイタリア債大幅安-ECB利回り抑制策講じず

5日の欧州債市場ではスペインとイタリアの国債が大幅安となっ た。欧州中央銀行(ECB)が両国債の利回りを抑制する追加措置に は踏み切らなかったことが手掛かり。ECBは政策金利を引き下げて 過去最低に設定した。

スペイン10年債利回りはユーロ導入以降で最大の上げとなった。 債務危機が悪化しつつあるとの懸念が広がる中、この日のスペイン国 債入札で利回りは上昇した。ドイツ2年債は上昇。ECBは景気支援 に向けて中銀預金金利をゼロに引き下げた。ドラギ総裁は政策決定後 の記者会見で、他の非伝統的措置について政策委は協議しなかったこ とを明らかにした。

先週の市場では、ユーロ圏首脳会議で危機対策の拡大が打ち出さ れたことを受け、スペインとイタリアの国債は大きく上げていた。

ラボバンク・インターナショナルの債券ストラテジスト、リン・ グレアムテーラー氏(ロンドン在勤)は「ECBが危機に向けた追加 策を打ち出すとの期待があったため、若干の失望感が出た」と述べ、 「ECBは政治面での行動を促すために圧力を維持したいのかもしれ ない。当社は引き続き中核国の国債を選好している。向こう数カ月で 周辺国の状況が悪化すると見込んでいるためだ」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前日比 37ベーシスポイト(bp、1bp=0.01%)上昇の6.78%。一時 は43bp上昇し、1994年8月以降で最大の上げとなった。同国債 (表面利率5.85%、2022年1月償還)価格はこの日、2.45下げ

93.59。

イタリア10年債利回りは21bp上昇し5.98%。一時は

6.04%に達し、先月29日以降で初めて6%を突破した。

ECBは主要政策金利であるリファイナンス金利を0.25ポイン ト引き下げ、過去最低となる0.75%に設定した。ブルームバーグが まとめたエコノミスト64人を対象にした調査で49人がこの決定を 見込んでいた。

ドイツ2年債利回りは前日比6bp低下の0.02%。10年債利 回りは7bp下げ1.38%と、先月12日以来の低水準となった。

原題:Spanish, Italian Bonds Slump as ECB Refrains From ExtraMeasures(抜粋)

◎英国債:上昇、10年債は1週ぶり低利回り-中銀が量的緩和再開

5日の英国債相場は上昇し、10年債利回りは1週間ぶり低水準 となった。イングランド銀行(英中央銀行)が資産買い取りプログラ ムの規模拡大を決定したほか、欧州中央銀行(ECB)が利下げに踏 み切ったことが手掛かり。

英2年債利回りはほぼ3週間ぶりの大幅低下となった。英中銀は 量的緩和策を500億ポンド増やし3750億ポンドに拡大した。1回 当たりの購入規模を減らし、実施期間をこれまでの3カ月から4カ月 に延長した。ECBは政策金利を過去最低となる0.75%に引き下げ た。

モニュメント・セキュリティーズのストラテジスト、マーク・オ ズワルド氏(ロンドン在勤)は「英国債は大きく動いた」とし、「量 的緩和策が4カ月にわたり実施されることに市場は驚かされた」と語 った。

ロンドン時間午後4時20分現在、10年債利回りは前日比6ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.66%。一時は

1.65%と、先月28日以来の最低となった。同国債(表面利率4%、 2022年3月償還)価格はこの日、0.625上げ120.835。

2年債利回りは5bp低下し0.23%。終値としては先月15日 以来で最大の下げ。0.21%まで下げる場面もあった。

英中銀の金融政策委員会(MPC)は政策金利については、過去 最低の0.5%に据え置いた。

原題:Gilts Gain as Bank of England Extends Stimulus, ECB Cuts Rate(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE