英下院:LIBOR不正操作で議会調査委の設置案を可決

英下院は5日、英銀バークレイズに よるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題を受け、議 会に調査委員会を設置する案を賛成多数で可決した。野党・労働党が要 求した司法主導でより広範な調査を行う案は退けた。

議会超党派による調査委設置に関する採決結果は賛成330、反対226 だった。キャメロン首相率いる与党・保守党に属するアンドルー・タイ リー議会財務委員長が調査委を率いる。これに先立ち、下院は労働党の 動議を反対320、賛成239で否決した。労働党の影の財務相、エド・ボー ルズ氏は、同党は議会による調査に反対したものの、調査委には参加す ると述べた。

原題:U.K. Commons Backs Cameron Call for Parliament Libor Probe (2)(抜粋)

--取材協力:Kitty Donaldson、Robert Hutton、Thomas Penny、Howard Mustoe、Edward Evans、Jennifer Ryan、Scott Hamilton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE