タッカー英中銀副総裁、LIBOR問題で9日に議会証言

イングランド銀行(英中央銀行)の タッカー副総裁は9日、英議会で証言に立つ。ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)操作問題をめぐり、バークレイズの前最高経営責任者 (CEO)、ロバート・ダイアモンド氏と2008年に交わした電話の内容 について自ら説明する意向だ。

議会の財務特別委員会が電子メールで発表したところによると、タ ッカー副総裁は「銀行間取引金利の申告をめぐる捜査を受け、英米当局 がバークレイズに制裁金を科した問題について」証言する。議会証言は ロンドン時間9日の午後4時30分に始まるという。

日程変更となったバークレイズのマーカス・エイジアス会長の証言 は翌日10日の午前10時に予定されている。

原題:BOE’s Tucker to Give Evidence to Lawmakers on July 9 on Libor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE