米ISM非製造業景況指数:2010年1月以来の低水準

6月の米非製造業景況指数は2010年 1月以来の低い水準に落ち込んだ。

米供給管理協会(ISM)が発表した6月の非製造業総合景況指数 は52.1と、前月の53.7から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は53.0だった。同指数で50はサービス業活動の拡大 と縮小の境目を示す。

RBSセキュリティーズのエコノミスト、オメイア・シャリフ氏は 統計発表前に、「力強く継続的な景気拡大へと抜け出すことができない ようだ」と指摘。「依然として不安定な動きが見られる。成長ペースは 失業率を大きく下げるほどには至っていない」と述べた。

項目別に見ると景況指数は51.7と、2009年11月以来の低水準。前月 は55.6だった。新規受注は53.3と、前月の55.5から低下して8カ月ぶり 低水準を付けた。仕入れ価格指数も48.9と、2009年7月以来の低水準。 前月は49.8だった。

一方、雇用指数は52.3に上昇。前月は50.8だった。

覧ください。

原題:Service Industries in U.S. Grew Less Than Forecast in June (1)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.