ECB副総裁:短期的な景気動向を見極める必要がある-会見

欧州中央銀行(ECB)のコンスタ ンシオ副総裁は5日、定例政策委員会後の記者会見で、金融政策やユー ロ圏債務危機について発言した。ECBはこの日政策金利を0.25ポイン ト引き下げ過去最低の0.75%とすることを決めた。

「検証した結果、一連の措置がまだ軌道に乗っているという結論に 至った。この結論は前向きなものだ。近い将来に景気がどう展開するの かを見極める必要がある。プログラム順守のための条件はすべて揃って いる」

原題:ECB’s Constancio Says Must Wait and See About Economic Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE