オランダ政府に「ためらい」-ESMの国債買い入れめぐり

オランダ政府は5日、恒久的な救済 基金である欧州安定化メカニズム(ESM)が救済を必要とする可能性 のある国の国債を買い入れることについて、「深いためらい」があると の認識を示した。

政府は議会に宛てた書簡で、「この手段活用のいかなる要請もケー ス・バイ・ケースでなされることになる」と説明した。ルッテ首相はこ の日、6月29日に開催された欧州首脳会議の結果について報告する。

ユーロ圏首脳は、ESMに関する手段の柔軟かつ効率的な活用で合 意。この手段にはソブリン債購入も含まれている。

原題:Dutch Government Hesitant on Secondary-Market Bond Purchases(抜粋)