世界2位の建設機械メーカー、コマ ツ株が続伸。米国の民間調査で、中国経済が小売売上高と製造業活動で 力強さが増したなどという結果が明らかになったのを受けて、買いが先 行した。

コマツ株は朝方に小安く始まったものの、取引が進むにつれて値を 上げた。一時は前日比3.9%高の1977円まで買われた。この日の株価終 値は3.5%高の1968円。売買額は東証1部上場銘柄で3位だった。

独立系投資顧問会社のバリューサーチ投資顧問の松野実社長は、 「機械株が全般的に底値に達しており、反発するきっかけを伺っている 状態だった。そこにタイミングよく中国のベージュブックで中国経済が 実際は堅調との報告が出たことで、市場はこれを捉えて大きく買ってい るようだ。コマツはこの動きを代表する銘柄のひとつ」と述べた。

ニューヨークのCBBインターナショナルが、米連邦準備制度理事 会(FRB)の地区連銀経済報告書「ベージュブック」をモデルに実施 た調査では、中国の4-6月(第2四半期)の経済に力強さが増したこ とが示された。

--取材協力:松田潔社

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE