米カーライル、中国マンダリン・ホテルの株式49%を取得

世界2位のプライベートエクイティ (未公開株、PE)投資会社、米カーライル・グループは、中国のマン ダリン・ホテル・ホールディングスの株式49%を取得した。中国の中堅 ホテル市場に参入する。

5日の発表によると、カーライル傘下で資産規模26億ドル(約2070 億円)の企業買収ファンド、カーライル・アジア・パートナーズ3が同 ホテルチェーンの筆頭株主となる。投資額については明らかにしていな い。

カーライル・アジアのマネジンググディレクター、エリック・チャ ン氏は香港から電話インタビューに応じ、「景気に左右されにくい中堅 ホテル分野に好機があるとみている。経済が良好でない時は、富裕層は ランクを下げる傾向がある」と説明、「われわれは中堅ホテル市場に参 入する最初の企業の1社であり、将来的にトップに立つことができると 強く確信している」と述べた。

チャン氏によると、カーライルは中国で60余りの投資案件に約40億 ドルを投じた。2007年には中国2位のホテル・グループであるニューセ ンチュリーにも出資した。マンダリン・ホテルは中国の6都市に25軒の ホテルを展開している。

原題:Carlyle Buys Controlling Stake in China’s Mandarin Hotel Chain(抜粋)