米高級ホテルでアイススケートやヨガ、美術鑑賞も-収入増へ

米ニューヨーク市のマンハッタンに あるユニオンスクエアで新築される高級ホテルには、画廊か診療所、ヨ ガセンターのいずれかが設置される予定だ。収入の10%以上を175室あ るホテル以外から生み出す計画の一環だ。

このホテルを保有・運営するハーシャ・ホスピタリティー・トラス トの社長で最高執行責任者(COO)のニール・シャー氏は「コスト削 減についてはできる限りのことをやった。当社の不動産と立地を利用し 利益を生み出す段階に来た」と語る。

新規の不動産開発が増加する中、ホテル関連会社は新たな収入につ ながる施設の建設を進めている。ハーシャやハイアット・ホテルズなど のホテル保有会社は、夜間には料理パーティーの会場として利用できる 会議室を設けたり、ロビーを上の階に設置し1階には店舗やスケートリ ンクを開設したりすることによってスケート靴の貸し出しなどを収入に つなげようとしている。

ホテル建設のペースは来年末にかけて他の商業不動産を上回る見通 しだ。米建築家協会は、ホテル開発が今年10%、2013年には約20%増加 する可能性が高いとの見方を示した。

ロバート・W・ベアードのアナリスト、デービッド・ローブ氏(ミ ルウォーキー在勤)によると、ホテルには従来、バーや会議スペースが 設置されてきたが、新プロジェクトでは不動産の細部に至るまで収益を 増やすために利用する戦略の重要性が高まっている。ホテル保有会社は 過去3年間、経費削減に努めてきたが、宿泊料以外の収入に重点を置い ているという。

原題:Skating Rinks to Yoga Are Latest Ploys to Increase Hotel Revenue (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE