日銀の地域経済報告:全9地域が判断を上方修正-09年10月以来

日本銀行が5日午後発表した「地域 経済報告」(さくらリポート)によると、全9地域が「緩やかに回復し ている」、「持ち直している」などとして、判断を上方修正した。全地 域が判断を引き上げたのは2009年10月調査以来。4月の前回報告では上 方修正は2地域にとどまっていた。

東海が前回の「持ち直しの動きを続けている」から「緩やかに回復 している」へ修正。東北も「さまざまな経済活動の水準が震災前を上回 るなど、回復している」に一段と判断を引き上げた。関東甲信越も「横 ばい圏内の動き」から「緩やかに持ち直しつつある」へ修正。一方、近 畿は「持ち直しの動きもみられるが、なお足踏み状態にある」と上方修 正したものの、引き続き「足踏み」という判断は維持した。

白川方明総裁は同日午前、定例支店長会議であいさつし、国内の景 気は「緩やかに持ち直しつつある」と指摘。先行きについても「国内需 要が引き続き堅調に推移し、海外経済が減速した状態から脱していくに つれて、緩やかな回復経路に復していく」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE