中国:住宅価格上昇は政策への誤解の結果-社会科学院の易氏

中国の住宅価格上昇は政府の経済政 策を「誤って解釈」した結果だ。中国社会科学院金融研究所の研究員、 易憲容氏が5日付のチャイナ・デーリーで指摘した。

中国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房網が今週発表した6 月の住宅価格は、10カ月ぶりに上昇に転じた。当局が景気を支えるため 金融政策を緩和したことが寄与した。

易氏は同紙の論説に寄稿し、「現在の住宅価格上昇は政府の景気刺 激策をめぐる誤解のほか、不動産投機の増加、住宅価格上昇が今後も続 くとの一般の住宅購入者の行き過ぎた懸念によるところが大きい」と指 摘。「住宅価格の上昇トレンドを反転させるためには、中央政府は値下 がりが見込めると人々を説得する取り組みを強化し、不動産バブルのリ スクに十分な注意を払うべきだ」と付け加えた。

原題:China Policy ‘Misinterpretation’ Fueled Home Prices, Yi Says(抜粋)