ソニー:最新作「スパイダーマン」の興行収入見通し上方修正

ソニーは3日に公開した人気映画 「スパイダーマン」シリーズの最新作「アメイジング・スパイダーマ ン」の興行収入見通しを上方修正した。封切り後2日間の米国とカナダ でのチケット販売額は5930万ドル(約47億4000万円)に達した。

ソニーは5日の発表資料で、同作品の公開から6日間の興行収入が 1億2000万-1億3000万ドル、あるいはそれを上回るとの見通しを示し た。従来は1億1000万-1億2000万ドルを見込んでいた。

ソニーは同日、初日の興行収入を当初発表の3500万ドルから3590万 ドルに修正。4日は2340万ドルで、米独立記念日の興行収入としては過 去2番目の記録だったという。

調査会社ハリウッド・ドットコムのボックスオフィス部門社長、ポ ール・ダーガラベディアン氏によると、同作品の封切日の興行収入は火 曜日としては過去最高。これまではSFアクション映画「トランスフォ ーマー」が2007年7月3日に記録した2790万ドルだった。

昨年の独立記念日に合わせて公開された「トランスフォーマー/ダ ークサイド・ムーン」の封切り後6日間の興行収入は1億8070万ドル。 ソニーが04年の同時期に公開した「スパイダーマン2」は封切り後6日 間で1億8010万ドルだった。

原題:Sony Ups ‘Spider-Man’ Estimate After $59 Million 2-Day Opening(抜粋)

--取材協力:Douglas MacMillan、Anthony Palazzo.