米JPモルガンがアジアの社債引き受けで2位に急浮上

世界の社債引き受けで1位の米銀 JPモルガン・チェースは、アジアでも2位に急浮上した。香港のハチ ソン・ワンポア債の引き受けで8段階順位を上げた。

JPモルガンはシティグループやドイツ銀行、UBSを抜き、アジ ア(日本除く)のドル・ユーロ・円建て債引き受けで首位のHSBCホ ールディングスに迫っている。JPモルガンは2012年1-6月に74億ド ル(約5900億円)相当の起債を手掛け、シェアは10.6%。1位の HSBCは15.5%。ブルームバーグのデータが示した。

1-6月のアジアでの社債発行高は45%急増し過去最大の701億ド ル。同地域は1-3月(第1四半期)に6.3%の高成長を遂げており、 世界的な発行減に逆行した。JPモルガンは域内最大の発行体のハチソ ン・ワンポアの起債8件のうち5件を手掛けた。昨年はハチソンによる ドル・ユーロ・円建ての起債はなかった。

アジアでの引き受けで、昨年のJPモルガンは10位。今年はハチソ ン・ワンポアの計42億7000万ドルを含め、26発行体からの40件で引き受 けを務めた。同行は世界の社債引き受けでは2008年以来首位を維持して いる。

原題:JPMorgan Rises to Challenge HSBC as Asia’s Top Bond Arranger (1)(抜粋)

--取材協力:Pavel Alpeyev.