7月4日の海外株式・債券・為替・商品市場:米金融市場は休場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。ドイツのサービス 業活動が6月に縮小したため、欧州中央銀行(ECB)が5日に利下 げを実施するとの観測が強まった。

ユーロは主要16通貨のうち12通貨に対して値を下げた。ユー ロ圏のサービス業と製造業を総合した6月の経済活動が5カ月連続で 縮小したことも嫌気された。スウェーデン・クローナはユーロに対し て2000年12月以来の水準に上昇。スウェーデン中央銀行が政策金 利を維持したことが買いを誘った。一部には利下げ予想もあった。米 金融市場はこの日、独立記念日の祝日のため休場。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)の外国為替戦略責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロ ンドン在勤)は「ドイツのサービス業景気指数が50を割り込んだた め、ユーロが軟化した」と指摘。「ドイツ経済の勢いは減速が続いて いる。それは利下げがすでに予想されている5日のECBの政策決定 見通しに影響する可能性がある」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時1分現在、ユーロは円に対して前日 比0.6%安の1ユーロ=100円07銭。対ドルでは0.6%下げて1 ユーロ=1.2535ドル。円は対ドルでほぼ変わらずの1ドル=79円 82銭。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は0.4%上昇の82.123。

利下げ予想

ブルームバーグがエコノミスト63人を対象に実施した調査の予 想中央値によると、ECBは政策金利を0.25ポイント引き下げ

0.75%に設定すると予想されている。

マークイット・エコノミクスの発表によると、6月のドイツのサ ービス業景気指数(改定値)は49.9と、速報の50.3から下方修正 された。同指数は50を下回ると活動縮小を示す。ユーロ圏のサービ ス業と製造業の経済活動を示す6月の総合景気指数(改定値)は

46.4だった。

ユーロは6月29日に対ドルで今年最大の上げを記録した。ブリ ュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会議ではスペインの銀行向 け融資の条件緩和で合意。債務危機解決に向けた一歩とみなされ、ユ ーロ買いが入った。ただ、それ以降では1%下げている。

ノバスコシア銀行の外為取引担当ディレクター、スティーブ・バ トラー氏(トロント在勤)は「EU首脳会議の後、不安の多くは取り 除かれたが、問題はなくならないというのが現在の雰囲気だ」と述べ た。

スウェーデン・クローナ上昇

スウェーデン・クローナはユーロに対し、過去7営業日で6度目 の上昇。同国中銀は政策金利を1.5%で据え置いた。昨年12月以降、 利下げを2回実施していた。ブルームバーグがまとめた調査によると、 エコノミスト20人のうち15人が据え置きを予想していた。残る5 人は1.25%への利下げを見込んでいた。

クローナは0.9%高の1ユーロ=8.6560クローナ。一時は

8.6490クローナまで上昇した。

ポンドは対ドルで3日続落。英サービス業活動の伸びが6月に予 想以上に鈍化したことが嫌気された。

ブルームバーグ・ニュースが実施した調査によると、イングラン ド銀行(英中央銀行)は5日の金融政策委員会(MPC)で、資産購 入枠を500億ポンド(約6兆2300億円)拡大して3750億ポンド にすると予想(中央値)されている。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「サービスセクターまでもが勢いを失いつつあり、 成長には良くないことだ。イングランド銀行の焦点は景気支援に移っ てきている。5日に恐らく国債購入枠を拡大するだろう。ポンドの下 落は続きそうだ」と語った。

◎米国株、米国債、NY金先物、NY原油先物市場:

独立記念日の祝日のため休場

◎欧州株:ほぼ変わらず-緩和観測が下支え、英独指標は予想以下

欧州株式相場は前日からほぼ変わらず。主要中央銀行が金融政策 を緩和するとの観測が広がった一方、英国やドイツのサービス業活動 を示す指数はエコノミスト予想を下回った。

スペインの電力会社イベルドローラが6.2%下げるなど、公益事 業株は総じて安い。自然食品原材料や乳製品発酵などを手掛けるデン マークのクリスチャン・ハンセンは12%急伸。予想を上回る利益が買 いにつながった。フランスのソシエテ・テレビジオン・フランセー ズ・アンも高い。UBSが買いを推奨したことが手掛かり。

ストックス欧州600指数は257.33で終了。前日比では0.1% 未満の下げとなった。前日までの3営業日で5.2%上げていた。

欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中央銀行)は5 日に金融政策を発表する。ブルームバーグがまとめたエコノミスト62 人の調査中央値によると、ECBは政策金利を0.25ポイント引き下 げ過去最低の0.75%に設定すると予想されている。5人は0.5ポイ ントの利下げ、11人は据え置きを見込んでいる。

ノルデア銀行のストラテジスト、ヘンリク・ドゥルセビエリ氏 (コペンハーゲン在勤)は「先週の首脳会議を受けて7%上げた後、 株価が下落したことは、市場が常識を取り戻したことを示唆している」 と述べた。

4日の西欧市場では、18カ国中10カ国で主要株価指数が低下し た。

原題:European Stocks Are Little Changed; Iberdrola Falls, TF1 Gains(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債が上昇、サービス業活動縮小で-ECB会合控え

欧州債市場ではドイツ国債が上昇。この日発表された経済指標で、 同国サービス業活動が予想に反して縮小したことを手掛かりに、域内 で最も安全とされるドイツ国債の需要が高まった。

ドイツ5年債は3日続伸。33億ユーロ相当の5年債入札で応札 が増加したことがきっかけ。イタリア10年債は5営業日ぶりに下落。 リセッション(景気後退)悪化で、同国の1-3月(第1四半期)の 財政赤字が3年ぶり高水準に達したことが背景。ブルームバーグがま とめたエコノミスト調査によれば、欧州中央銀行(ECB)は5日の 政策決定会合で利下げに踏み切ると予想されている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテ ジト、ジョン・レイス氏(ロンドン在勤)は、「リスク回避の雰囲気 があり、これがドイツ国債を支えている」と述べ、「ECBによる明 日の決定への期待や、予想を下回った指標への不安が安全を求める動 きを支えている」と続けた。

ロンドン時間午後4時27分現在、ドイツ5年債利回りは前日比 7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.49%。一時 は0.48%と、先月19日以来の低水準を付けた。同国債(表面利率

0.5%、2017年4月償還)価格はこの日、0.325上げ100.065。 ドイツ10年債利回りは8bp下げ1.46%となった。

マークイット・エコノミクスの4日発表によると、6月のドイツ のサービス業景気指数(改定値)は49.9と、速報の50.3から下方 修正された。同指数は50を下回ると活動縮小を示す。また、同日発 表されたユーロ圏のサービス業と製造業の経済活動を示す6月の総合 景気指数(改定値)は46.4と、先月21日の速報値(46.0)から 上方修正された。

イタリア10年債利回りは15bp上昇し5.78%。一時は

5.59%と、先月7日以来の低水準まで下げた。スペイン国債も軟調 で、同国の10年債利回りは16bp上げ6.41%となった。

英国債

英国債相場は上昇。英国政府がこの日実施した2017年9月償還 債(表面利率1%)の入札で、応札倍率が前回入札から上昇したこと が手掛かり。

英10年債利回りは前日比4bp低下の1.72%。同国債(表面 利率4%)の価格は0.36上げ120.23となった。

英公債管理局(DMO)によると、17年9月償還債の入札で平 均落札利回りは0.942%と、6月12日に行った前回入札時の

0.927%から上昇。応札倍率は1.51倍。前回は1.28倍だった。

原題:Bunds Advance as German Services Contract; Italian Bonds Decline(抜粋) Pound Weakens After U.K. Services Growth Slows and Gilts Advance (抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Eiji Toshi 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE