独VW:ポルシェ自動車部門の未保有株取得で合意-4500億円

ドイツの自動車メーカー、フォルク スワーゲン(VW)は、 ポルシェの自動車部門の未保有株50.1%を44 億6000万ユーロ(約4500億円)で取得し、ポルシェをVWの自動車ブラ ンドに完全に組み込むことで合意した。

電子メールで送付された4日のVWの発表文によると、同社はドイ ツの税務当局と合意に達したことで今回の株式取得を進めることができ た。買収価格は38億8000万ユーロの株主資本価値とポルシェの持ち株会 社の配当受け取り分、この取引で見込まれる相乗効果の半分を基にして いる。

ポルシェがVWの経営権取得を試みたものの成功せず100億ユーロ 強の債務を抱え込んだことから、両社は09年に合併で合意していた。た だ、VWの普通株50.7%を保有しているポルシェの持ち株会社との全面 的な統合計画は、ポルシェを相手取った米国とドイツでの訴訟が原因 で、昨年頓挫していた。

この日発表された合意により、VWはポルシェの自動車部門をプッ ト・コール・オプションの行使に伴う納税を行う必要なく買収できる。

VWのマルティン・ウィンターコルン最高経営責任者(CEO)は 発表文で「今後は一層緊密に協力し、高利益率の高級車部門で新たな成 長機会を共同で活用していくことができる」と説明。「オペレーション 業務の統合でVWとポルシェは将来的に財務・戦略の両面が一段と強化 される」と付け加えた。