今日の国内市況(7月4日):株式、債券、為替市場

きょうの国内市場の株式、債券、為替相場 は以下の通り。

●日本株は続伸、海外政策期待や商品市況高で資源買い-午後伸び悩む

東京株式相場は続伸。米国の製造業受注額の堅調が安心感を誘った ほか、欧米、中国の金融緩和期待などを背景に前日の国際商品市況が上 昇したことを好感し、鉱業や商社といった資源関連株が買われた。

TOPIXの終値は前日比1.59ポイント(0.2%)高の778.70、日 経平均株価は37円58銭(0.4%)高の9104円17銭。TOPIX、日経平 均とも朝方に6月以降の日中高値を2日ぶりに更新する場面もあった が、きょうの米国市場が独立記念日で休場、対ユーロを中心に円がやや 強含んだ影響が出て、午後は伸び悩んだ。

ちばぎんアセットマネジメントの斉藤秀一運用部長は、「欧州発で マーケットの波乱が起きれば、何らかの対策が出てくるのではとの期待 がある」と指摘。日本株も下値を切り上げており、「ショート(売り持 ち)を仕掛けにくくなっている」とし、ショートカバー中心に戻りを試 す展開が続けば、日経平均は7月中に9400円程度まで回復するとの見方 を示した。

●債券先物反落、米株高・債券安の流れ引き継ぐ-入札控え超長期債安

債券先物相場は反落。強めの経済指標を受けて前日の米国市場で株 高・債券安となった流れを引き継いだ。あすに流動性供給入札を控え、 超長期債が安いことも重しとなった。

マスミューチュアル生命保険運用戦略部の嶋村哲 金利統括グルー プ長は「欧州債務問題もめどがつき、財政問題を受けたリスクオフ(回 避)相場もいったん終わった感じ。10年債はしっかりながらも、超長期 債は軟調で利回り曲線は傾斜化している」と話した。

東京先物市場で中心限月9月物 は、前日比3銭安の143円79銭で開 始すると、徐々に水準を切り上げ、一時4銭高の143円86銭まで上昇し た。しかし、その後は再び売りが優勢となり、マイナスに転換。午後に は一時8銭安の143円74銭まで下落し、5銭安の143円77銭で終了した。

●ユーロが下落、欧州情勢の不透明感根強い-ドル・円は79円後半

東京外国為替市場ではユーロが下落。対ドル では1ユーロ=1.26 ドル台を割り込んで推移した。欧州安定化メカニズム(ESM)などの 要支援国救済の枠組みに不透明感が残ることから、ユーロの戻りは限定 された。

ユーロは朝方に付けた1.2609ドルを上値に、午前の取引で一 時1.2582ドルまで下落。午後は1.25ドル台後半で小幅なレンジ内での値 動きに終始し、午後3時40分現在は1.2593ドル付近で推移。また、対円 でも1ユーロ=100円67銭から、一時100円23銭まで下落し、同時刻現在 は100円45銭付近で取引されている。

IGマーケッツ証券の為替担当アナリスト、石川順一氏は、ESM は補完機能としては重要なスキームだが、欧州債務問題の「病巣」を取 り除くためには、将来の財政統合とその糧となるユーロ共同債の導入が 必要で、その議論が進まない限りは危機の抜本解決は見込めないと指 摘。そうした中で、「なかなかリスクオン(選好)になり切れない」と いうところがユーロの上値を抑えていると説明している。