高級ワインのラフィット価格下落で売上高25%減-1~6月

世界の5大競売会社のワイン売上高 が1-6月に約25%減少し、約1億6000万ドル(約130億円)となっ た。高級ワインの生産者が価格を引き下げたことに加え、景気低迷によ り投資家が慎重な姿勢を取ったためだ。

中国の投資家がブルゴーニュ産ワインに重点を移す中、シャトー・ ラフィット・ロートシルトの最高級ビンテージワインの価格が今年初め 以降、下落したことが売上高の落ち込みにつながった。

2011年半ばから始まったラフィットの価格下落は続き、2000年産 や05年産などの最高級ビンテージワインはピーク時と比較して25%以上 値下がりしている。買い手が最も高価な第1級ボルドー産ワインから第 2級や等級の低いビンテージワイン、ブルゴーニュやローヌ、米カリフ ォルニア州など競合する他産地のワインに重点を移していることも価格 下落につながっている。

ワイン競売会社アッカー・メレル・アンド・コンディットのジョ ン・カポン最高経営責任者(CEO)はニューヨークからの電話インタ ビューで「ボルドー産の価格は1年か2年前の高値から下落している」 と指摘。「ボルドー産は量が多いため影響を受けやすい。深刻な金融危 機がなければ、これほど変動することはないだろう」と述べた。

各社が電子メールで送付した統計によると、1-6月のワイン売上 高はアッカーがインターネットオークションを含め4650万ドルで首位。 クリスティーズ・インターナショナルは約3500万ドル、サザビーズ は3420万ドル、ザッキーズは3030万ドル、ハート・デービス・ハート・ ワインは1500万ドルだった。

(コリンズ氏はブルームバーグ・ニュースの芸術・文化部門でワイ ン市場に関する記事を執筆しています。この記事の内容は同氏自身の見 解です)

原題:Lafite Slide Crimps Wine Sales 25% as China Turns to Burgundy (抜粋)