ダイモンCEOに悪夢、エネルギー当局もJPモルガンを調査

米銀JPモルガン・チェースがエネ ルギー市場での不正操作の疑いに関する連邦当局の調査で電子メールの 提出を拒否したことで、多方面からの調査に直面する同行のジェイミ ー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は新たな試練にさらされそう だ。

米連邦エネルギー規制委員会(FERC)は2日、JPモルガン・ ベンチャーズ・エナジーによるカリフォルニア州と中西部地域での電力 市場価格操作疑惑に関する調査で、25件のメールの提出を命じるよう裁 判所に請求した。FERCの文書によると、JPモルガンによる入札で の行為は不正だとするカリフォルニア州および中西部の送電事業者の指 摘を受けて昨年8月に調査に乗り出したという。

フィラデルフィア連銀の元審査官で現在はFBRキャピタル・マー ケッツのアナリストを務めるポール・ミラー氏は、ダイモンCEOが 「企業イメージの悪夢に直面している」と指摘。「再び大見出しで報道 されるリスクがあり、それは過剰規制につながりかねない。最終的には 業績に打撃が及ぶ」と語った。

米銀最大手のJPモルガンは、ダイモンCEOが「常識を逸脱し た」と呼んだロンドン部門の20億ドル(約1600億円)の損失を開示して 以来、リスク回避姿勢を取るよく管理された銀行という企業イメージを 維持できなくなっている。ダイモンCEO(56)は損失が30億ドル以上 に膨らむ可能性があると述べているが、ポータレス・パートナーズのチ ャールズ・ピーボディー氏らアナリストの間では50億ドル程度に達する との見方もある。

JPモルガンは損失原因と情報開示についてSECや司法省などの 調査を受けている。英米の銀行がロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)を不正操作した疑いをめぐる国際的な捜査も同行に痛手 となる可能性もある。英銀バークレイズはLIBOR不正操作問題で2 億9000万ポンド(約360億円)の制裁金を科され、ロバート・ダイアモ ンドCEOら経営トップ3人が辞意を表明した。

原題:Dimon Faces Image ‘Nightmare’ With Energy Probe at JPMorgan(抜粋)

--取材協力:Christine Harper、Naureen S. Malik、Sara Forden、William McQuillen.