NY金:反発、2週間ぶり高値-中銀による追加緩和に期待

ニューヨーク金先物相場は反発。2 週間ぶりの高値となった。中央銀行による成長てこ入れ策が相次ぐとの 観測から、インフレヘッジとしての金の需要が高まった。

前日発表された経済指標では、6月のユーロ圏製造業景気指数の改 定値が11カ月連続で縮小したほか、米ISM製造業景況指数も活動縮小 を示した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、欧州 中央銀行(ECB)は5日の定例政策委員会で政策金利を引き下げる見 通しだ。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「米国と 欧州の両方で何らかの緩和措置が講じられるとの期待が広がっている」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比1.5%高の1オンス=1621.80ドルで終了。一時は1625.70 ドルと、中心限月としては先月19日以来の高値をつけた。

原題:Gold Futures Rise to Two-Week High in N.Y. on Central Bank Bets(抜粋)