スイスの銀行、外国人離れが鮮明に-米国人以外の口座解約も

スイスでは外国人の口座を解約する 動きが加速しており、その多くは米国での納税義務がある顧客との契約 解消だが、一部の銀行はあらゆる外国人の口座解約に動いている。スイ スの銀行オンブズマンが3日、明らかにした。

銀行オンブズマンのハンスペーター・ヘニ氏はチューリヒで記者団 に対し、国内銀の間で「米国籍の顧客に対するこうしたトレンドが広が っているのは明らかだ」と発言。「欧州諸国の顧客との契約解消に動い ている銀行もある」と続けた。

スイスの「中規模」銀行の外国人顧客から受けた苦情に基づき、ヘ ニ氏が語ったところによると、同銀行は6月22日付の書簡で7月末での 口座解約を顧客に通知した。同氏は銀行名は明らかにしなかった。この 銀行は規制強化に伴う順守コストの上昇を理由に挙げているという。

同氏によると、外国人口座の手数料引き上げで対応する銀行もあ る。ただ、こうした措置は各行の経営判断に委ねられることから、手数 料や口座解約に対するオンブズマンの影響力は全くないという。

ヘニ氏は1995年9月から銀行オンブズマンとして、スイスの銀行と 顧客の間の係争などを独立した立場で調停している。

原題:Swiss Banks Terminate Accounts of Foreign Clients as Costs Climb(抜粋)