アイルランド:2010年9月以来で初の入札へ-市場へ再参入

アイルランドは今週、2010年9月以 来で初の政府資金調達のための入札を実施する。前回市場にアクセスし たのは救済を要請する約2カ月前だった。

アイルランド国債管理庁(NTMA)が3日ウェブサイトで発表し たところによると、同庁は5日に5億ユーロ(約500億円)相当の3カ 月物証券(10月15日満期)の入札を実施する。NTMAのジョン・コリ ガン最高経営責任者(CEO)が目指す「段階的な市場への再参入」の 第一歩となる。

ラボバンク・インターナショナルの債券ストラテジスト、リン・グ レアムテーラー氏(ロンドン在勤)は「前向きなニュースだ。アイルラ ンドは改革プログラムを比較的順調に実行してきた」として、「市場 は、アイルランドが恐らく救済プログラム下から脱する途上にあるとみ ている」と述べた。

アイルランドは銀行救済のコストが国家財政を破綻(はたん)させ るとの懸念を背景に、2010年に資本市場から締め出され、政府は同年11 月に救済要請に追い込まれた。

欧州連合(EU)首脳らが6月29日に救済基金から銀行への直接資 本注入を容認することで合意した後、アイルランド国債の利回りは低下 した。

20年10月償還債(表面利率5%)の利回りはこの日、4ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の6.30%。6月28日は7.11%だっ た。

原題:Ireland to Auction Bills in First Sale Since September 2010 (1)(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE