イラン、OPEC臨時総会開催を要求-原油安で議長に書簡

イランは石油輸出国機構 (OPEC)議長に書簡を送り、最近の原油相場下落を協議するための 臨時総会開催を要求した。同国のハティビOPEC理事が明らかにし た。イランはOPEC加盟国で2番目の産油量を誇る。

クウェートは臨時総会の計画については何も承知していないと表明 した。同国はOPEC加盟国で産油量4位。OPECは6月14日にウィ ーンで総会を開催し、生産目標の据え置きを決定したばかり。その後、 6月21日に北海ブレント原油は2010年以来の1バレル当たり90ドル割れ となった。先週末時点では97.80ドルに戻している。

ハティビ理事は2日、テヘランから電話インタビューに応じ、「イ ラン政府当局は臨時総会の開催について検討を始めるよう求める公式書 簡をOPEC議長に送付した」と説明、「そうした要請があれば、いか なる場合でも検討を開始するのが議長の責任であり、今回もそうなると 期待している」と語った。

原題:Iran Requests Emergency OPEC Meeting in Letter to President (2)(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Nayla Razzouk、Salah Slimani.