ボーイング:業界全体の納入の伸び鈍化へ-ジャンボ需要減速で

米ボーイングは、今後20年間の業界 全体の納入機数の伸びが鈍化するとの見通しを明らかにした。ジャンボ ジェット機や貨物機の需要が減速するためで、拡大ペースは昨年の予想 の5分の1以下にとどまる見込みだという。

ボーイングの3日の発表によると、2031年までの新しい航空機の納 入数は3万4000機で、総額4兆5000億ドル(約360兆円)の見通し。昨 年示した予想の3万3500機から1.5%増となる。ボーイングは昨年、20 年予想を8.4%引き上げていた。

ボーイングは毎年20年予想を発表しており、航空機市場や旅客・貨 物輸送について同社の見通しを提供している。同社によると、通路が2 本あるワイドボディー機の販売は増加するものの、その中の最大機種で あるボーイング「747」やエアバス「A380」の受注は減速する見通しだ という。

原題:Boeing Sees Jet-Market Growth Slowing as Jumbo Demand Dwindles(抜粋)