全日空株安値、増資観測で希薄化警戒-時価総額の4割規模も

全日本空輸株が急落し、52週安値 を更新した。2000億円規模の増資を実施する可能性が浮上し、1株価 値の希薄化や将来的な売り圧力の増大を警戒する売りが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。