英グラクソ、不正販促めぐり2400億円の和解金支払いへ

英医薬品メーカーのグラクソ・スミ スクラインは、同社が処方薬の違法な販売促進を行い、安全性に関する データを報告しなかったとされる問題で、有罪と民事責任を認め、30億 ドル(約2400億円)を支払うことで合意した。米司法省が発表した。

司法省の2日の発表によると、米国の医療関連の不正行為の和解額 としては過去最大となり、この中には罰金9億5680万ドルが含まれる。

連邦検察当局によると、グラクソは米食品医薬品局(FDA)に成 人向けとして承認された抗うつ剤「パクシル」の18歳未満の患者向けの 販売を促進し、糖尿病治療薬「アバンディア」については当局に臨床デ ータを報告しなかった罪を認めることに同意した。

原題:Glaxo to Plead Guilty, Pay $3 Billion in Marketing Accord (3)(抜粋)

--取材協力:David McLaughlin、David Voreacos.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE